Webセミナーのご案内
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. Webセミナーのご案内

Webセミナーのご案内

PCIDSS準拠と非保持化対策から考えるセキュリティ対策の強化

2018年6月に施行された改正割賦販売法において、カード会社をはじめ、通販企業や実店舗のカード加盟店など、カード情報を扱う事業者には、適切なセキュリティ対策を実施することが義務付けられました。具体的には、クレジットカード取引のセキュリティ基準である「PCI DSSに準拠」してセキュリティを強化するか、カード情報自体を持たない「非保持化」をするかの対策が求められています。

こんな方におすすめ

クレジットカード情報の適切な取り扱いについて対応策を検討されている方

  • PCI DSS準拠予定の方
  • 非保持化推進予定の方
  • 非保持化なのかPCI DSS対象なのかわからない方 等
セミナー申し込み

開催概要

  • 日時:オンデマンド(35分間)
  • 場所:Webオンライン(お申込後に視聴方法をご案内)
  • 参加費:無料(事前申し込み制)
    同業他社様からのお申し込みは、ご遠慮ください。

内容

富士通エフ・アイ・ピーが2010年から提供しているPCI DSS準拠支援サービスでの豊富な実績と経験を元に、準拠や非保持化を切り口に、必要なセキュリティ対策や対策導入後に見えてくる運用の課題、その解決策についてを解説をします。

  • セキュリティレベルはどう考える
  • セキュリティ対策の悩み
  • 有効なセキュリティコントロールとは
  • セキュリティを維持するために必要な運用
  • 実運用からの見える課題
  • 富士通エフ・アイ・ピーのご紹介

    【講師】
    仁木 裕子氏
    富士通エフ・アイ・ピー株式会社 SaaSソリューション事業部主席部長

※本セミナーは、2018年6月22日開催の日本カード情報セキュリティ協議会 (JCDSC)主催の「PCIDSSセキュリティフォーラム 2018」の当社講演を録画したものです。スライドと音声は一部編集しています。予めご了承下さい。

セミナー申し込み

本セミナーに関するお問い合わせ先

富士通エフ・アイ・ピー株式会社
fip-marketing@cs.jp.fujitsu.com